voice of customer

04

水出しでも
濃いお茶が作れました。
渋みが少なくてまろやかで
おいしいですね。

エコナセイカツ マキさん
シンプルライフ研究家。不要なものは持たない、不要な家事はしない。
本当にお気に入りなものだけに囲まれた心と時間にゆとりを持った豊かな生活を実践し、
講演活動なども行う。著書に『なくす家事』(KADOKAWA)ほか。

シンプルライフ研究家としてブログ「エコナセイカツ」を主宰し活躍しているマキさん。今回、まるごとさんかく茶をモニターとして数ヶ月ご試飲いただいたご感想・魅力や、ご自身のシンプルライフについてお聞きしました。

飲みやすい!
緑茶のイメージが変わりました

私は、後味がさっぱりしていて渋みが少ないものが好みなので、ルイボスティーやハーブティーなどを選ぶようにしています。緑茶は、渋みや苦みが残るイメージがあって手に取ることは少なかったのですが、まるごとさんかく茶はまろやかでおいしいですね。渋みが少なくて、玄米(煎り米)が香ばしい。緑茶=飲みにくいというイメージを変えていただいた商品でした。濃く淹れても渋くなりにくいですね。うちの子にも、おでかけの時に水筒で持たせたりしていますよ。

エコが時短に!
いつも好みの味を楽しめるのもいいですね

我が家ではマイボトルを使っているので、まるごとさんかく茶のマイボトル用が一番使いやすかったです。大きさもちょうどよく、ティーバッグをしばらく入れっぱなしにしても渋みが出にくく良かったです。マイボトルで持ち歩けば、いつも好みの味を楽しめるのもいいですよね。おうち時間が増えてからペットボトルのゴミの多さが気になるようになっていました。洗って乾かしてフィルムを剥がして分別…。その必要がないので時短に繋がります。私の場合、環境に配慮していると言うよりも自分が捨てるのが手間で避けた結果、環境にも優しいと言う感じです。エコは良いことだなと思っていますが、無理のない範囲で自分ができるだけのことをして、それがエコに繋がっています。さらに、マイボトルも洗いやすさ重視で選んでいます。

ストレス知らず!

水出しでも作れるのが便利ですね。あとは、ティーバッグだと毎回茶葉の量が同じなので濃さの変化がなくて。茶葉だと分量に迷ったり、味が変わったりしますが、そういうストレスがないところがいいです!私はチャック付きの袋を毎回開けてチャックをプチプチ閉めるのが手間に感じるので、蓋をかぶせるだけの保存容器に詰替えて使っています。おすすめですよ。

時短を意識したら
シンプルライフに

次女の妊娠をきっかけに、家事と育児と仕事を回すために時短を意識しました。そうしたら、物はない方が掃除が楽だったり、探し物の時間がなくなったり。自分なりに試行錯誤したことがきっかけでシンプルライフが始まりました。物や家事をシンプルにすることが究極の時短に繋がると思います。食事の内容もシンプルに。絶対に無農薬じゃなきゃ嫌だとかのこだわりよりも、とにかく自分が味を見ておいしいものを選んでいます。おいしいものを選んでいたら、結果的にシンプルな材料だったという感じです。農家の生まれで昔からとれたての野菜を食べていたので、化学調味料などは変な味がするんですよね。その方が体にもヘルシーで、素材の味もきちんと味わえるし、旬も感じられていいんじゃないかと思っています。あとは、外食するものと自宅で作るものを分けています。洋食や手の込んだ中華料理や揚げ物などは外食することにしています。ハンバーグやオムライスも外食にと割り切ってから、楽になりました。

贈り物として
使いやすく
なったんじゃないかな

新しいパッケージ(2021年1月頃よりリニューアル)は、シンプルで、しかも富士山が入っていますよね?お土産屋さんなどにも売っていそうなくらい、プレゼントでもよさそう。リニューアル前の筆で書いてあったパッケージよりは、すごく私の好みですね。前のものは普段用な感じで、新しいものはよそ行き用な感じなので。プレゼントなどで送っても高級感もありますし、リニューアルしてさらに贈り物として使いやすくなったんじゃないかなと思います。