よりどり3点おためし!お楽し味市場
  • 今月の新商品
  • WEBサイト限定商品
  • お買い得SALE
  • もうすぐ終了
今月のキャンペーン おすすめ商品 今月のダイエットグラフ
続けてお得!定期お届け10%引き
  • メタボメ分解生酵素粒W 無料プレゼント!
  • 活きた酵素青汁 無料プレゼント!
  • レッツ東海道五十三次
  • ティーライフアンバサダー
  • ティーライフ公式LINEアカウント
  • カタログの無料請求はこちら
  • 今月のダイエットグラフ
  • LeKue
  • Danfill
  • Instagram DRAWER_PLUS
  • お誕生月は10%OFF!
  • お友達紹介
  • ショップレビュー大募集
  • ティーライフのメルマガ
  • カタログモデル募集中
  • 伸ちゃん日記
  • ティーライフ公式Facebook
伸ちゃんのざっくばらんQ&A
皆様「こんにちは」それとも「こんばんは」ですか?伸ちゃんです。私どもの取り組みを簡単にご紹介させていただきます。

ティーライフってどんな会社なの?
私は元工作機械の営業マンでした、24年前に脱サラして会社を設立したのがはじまりです。実家はお茶の農家です。
そこで緑茶を通信販売するようになり、その後お客様のご要望により取扱商品を増やして現在の様になりました。
会社名がティーライフというように、お茶の葉をただ売るのではなく「くつろぎ、やすらぎ」といったものを支援していくことを意図していました。
簡単に言うと「健康的で楽しく過ごすための生活改善のお手伝い」を事業としている会社です。

どんなことからダイエットプーアール茶を開発したの?
プーアール茶の研究を始める前は「プーアール茶でスッキリなんて・・?」と最初そう思っていましたが、カテキンが今のように広く知られる10年以上前からか「茶カテキン」の研究でそのすばらしさが分かったのです。欠点は渋みです。渋いお茶ほどカテキンを含んでいるが渋いお茶は飲みにくいことです。そして世界のお茶を研究する中で出会ったのが醗酵して渋みを消すプーアール茶なのです。
しかし、プーアール茶はこうじ菌で醗酵させるため独特のカビ臭さがあり、日本人の嗜好に合わないのです。そこから約3年をかけてプーアール茶のカビ臭みをなくす研究が始まり、一瞬のうちに高圧釜の中で蒸気で殺菌する製法にたどり着きました。

ダイエットプーアール茶ってホントに効果があるの?
1年間で販売されたティーバッグを積み上げると「富士山の高さの約540倍」3400万個(2005/8~2006/7)もご愛顧をいただきました。これは、そのパワーを実感されて飲み続けていられる方が増えている何よりの証明。「他のお茶に浮気しましたが、やっぱりちがう」など毎日、嬉しいお便りがゾクゾク届いています。
◆根拠1
ダイエットは何より継続です。蒸気殺菌でスッキリ、おいしくゴクゴク飲め、続けることができるから「気がついたら変わっていた」に。
     
蒸気殺菌の高圧釜
蒸気殺菌の高圧釜。10秒で雑菌を約1000分の1にします。
 
殺菌前の茶葉と殺菌後の茶葉。
殺菌前の茶葉と殺菌後の茶葉。

◆根拠2
中国の少数民族ハニ族の伝統的製法。日本に初めてお茶が入ってきたのは薬としてですが、その頃のお茶に一番近いと思われるお茶を1700年前から伝えるハニ族。お茶のカテキンは渋みの成分で、飲みにくい、そこで醗酵という伝統の知恵でおいしく、まろやかなプーアール茶が生まれます。(日本のお茶は嗜好性を重視して品種改良されている)
     
天日干しで乾燥させる。
天日干しで乾燥させる。
 
昔ながらの醗酵過程のお茶
昔ながらの醗酵過程のお茶

◆根拠3
アンチエジングをテーマとした学会(第4回日本抗加齢医学会総会)でも発表されました。(「プーアール茶による飲茶療法の心身作用とQoLへの影響」発表者:米井嘉一)
発表された内容をみると体脂肪を始め、BMI、ウエスト、ヒップ・が有意に改善され、体脂肪率・脂質代謝を改善させQOLの改善を伴う安全かつ有効な療法であることが示唆されたと。まとめられています。
     
平成16年6月、日本抗加齢医学会で発表させました。
 
 
医師、栄養士立ち会いのもと、22名の方にプーアール茶を4週間飲んでいただき、その後の変化について比較試験を行いました。

商品開発のためどんな研究をしているの?
プーアール茶をもっと良く知るため、静岡県立大学と当社の社員が共同研究をしています。その他の大学や外部ブレーンと連携して、より良い製品の研究やアンチエイジングの研究など幅広く研究開発しております。

これからどんなことで、私を楽しませてくれるの?
ダイエットだけではなく、その後の体重をキープすることでお役に立ちたいと考えています。そしてワクワク楽しく生活することで生活全般が積極的になり、さまざまな生きがいを発見するお手伝いができたら本望です。

ページトップへ▲

ティーライフ公式サイト

Copyright © TeaLife All rights Reserved.