• トップ
  • ぽぽたんの安心・安全への取り組み

ノンカフェインたんぽぽコーヒーぽぽたんの安心・安全への取り組み

1.原料はたんぽぽの根

産地は中国・吉林省に限定しています。
ミネラルウォーターや朝鮮人参の採取地としても知られる、手つかずの雄大な自然の中で、冬にはマイナス40度にもなる過酷な環境でたくましく育ったたんぽぽの根を使用しております。

2.中国検疫検査

中国の検疫で定められた残留農薬検査を受けます。基準をクリアしたものだけが日本へ輸出されます。

3.日本検疫検査

神戸検疫所にて検査を行っております。

4.原料加工

原料が輸入された後は日本国内の工場で加工され、製品になるまで行き届いたチェック体制のもとで管理されます。

①原料準備
たんぽぽ根を加工するため、まず目視作業を行います。
そして、原料を洗い、次の工程がしやすいように水で戻します。
②裁断⇒乾燥
水で戻したたんぽぽ根を、再度、目視作業をしながら裁断機へ投入していきます。
その後、裁断されたたんぽぽ根は、乾燥室で乾燥させます。
③粉砕
乾燥したたんぽぽ根はここでも目視作業をし、粉砕機へ投入されます。
(粉砕機には、マグネットで異物を除去できる装置も付いています。)
④焙煎
粉砕したたんぽぽ根を香ばしく焙煎します。
焙煎するとコーヒーのような風味、色に仕上がります。

5.残留農薬検査

たんぽぽ根に農薬は使用していませんが、定期的に食品衛生法に関連したポジティブリスト制度に基づき、残留農薬検査を行っています。

6.官能検査(自社)

焙煎後のたんぽぽ根の水分値を測定し、形状・色・香気・水色・滋味の検査を行っております。

7.ぽぽたん納品

厳重な検査を合格したもののみ納品され、ティーバッグ加工した後、お客様のもとへお届けしております。

「トレーサビリティ」は、食品の原材料~製造・販売者~お客様まで、流通経路を追跡できるよう安全を確保した体制を築く仕組みのことです。
ティーライフの食品はぽぽたんはもちろん、他の商品も当社の商品担当者および品質管理担当者により原料原産地の確認、品質管理方法・管理基準の確認、製造工程の確認を行っています。トレーサビリティを実施することによって、万一、商品の不具合が発生した場合にも、その商品の製造工場において原料の受入れや製造をロットで管理でき、ご購入いただいたお客様への連絡も迅速に行うことができ、より安心・安全な商品のご提供が可能です。
ティーライフ公式サイト

Copyright © TeaLife All rights Reserved.