第4話 美味しくなければ、続かない!

一般的なプーアール茶を飲むときに、気になるのがあの特有の“カビくささ”。本場中国では「陳香(ちんか)」と呼んでいますが、日本人にとっては、鼻につく香りでなじめない方もたくさんいます。
あなたがもし、今までに普通のプーアール茶を飲んだことがあるなら「ああ、確かに!」と納得いただけるはず。

今回、伸ちゃんがこだわって作ったハニ族のプーアール茶もお客様に飲んでもらえなければ意味がありません。やはりプーアール茶特有の「陳香」がするからです。

成分がいくら良くても、美味しくなければ、飲んでもらえない…

そこで、伸ちゃんは、考えに考えに、考えましたっ!

できあがったプーアール茶を確認する伸ちゃん

「なんとかしたい!」と試行錯誤した結果、伸ちゃんは、ついに特別な方法を発見しました!

それが、「蒸気殺菌法」です。

特別な機械を使い、高圧蒸気釜で蒸気殺菌することで、日本人好みの味に仕上がり、飲むときに気になるあの「カビくささ」がほとんどありません
菌の数を調べても納得です。
通常プーアール茶1gあたり約30万個ある菌が、ダイエットプーアール茶は1gあたり約300個以下と、なんと1000分の1になっていたんですから!
※カタログ「Salala今から」(2009 1.2月号)に掲載

ここでちょっと品質管理についてのお話を…。
雲南省の工場は、HACCP(ハサップ)を導入しています。HACCPとは、食品の製造から出荷までの工程を監視する衛生管理手法のことで、宇宙開拓時代(1960年代)のアメリカで考え出されました。その後、国連の委員会からもガイドライン化され、今や世界中に広がっています。
HACCPを導入した工場で作られたプーアール茶は、残留農薬検査を受けてから日本へ送られてきます。日本に到着後、さらにロット別にサンプルを選び、農薬残留検査を実施して安全を再確認。万全を期すため、毎年、伸ちゃん自ら中国工場を視察しています。

伸ちゃんは思いました。
「ここまで想いを込めてできたプーアール茶なんだ。普通のプーアール茶とは違う特別な意味を込めた商品名にしたい…」

これこそ、ダイエットプーアール茶と呼ぶにふさわしい!

安心と安全はもちろん、飲み続けるために欠かせないおいしさをプラスしたプーアール茶、『ダイエットプーアール茶』ができた瞬間でした。

陳香のないプーアール茶、ダイエットプーアール茶の完成!

さて、これで「プーアール茶ものがたり」は終わりではありません。伸ちゃんはこのダイエットプーアール茶にさらなるこだわりをみせます。
そのこだわりとは…!

「ダイエットプーアール茶ものがたり」トップへ戻る
  • WEBサイト限定SHOP
  • ティーライフメルマガお買得情報 お届けします
  • ティーライフについてレビューをぜひぜひお寄せください!

ページトップへ▲