第1話 やっとみつけたぁ~!理想のお茶を求めて全国行脚

15年以上お茶の研究を続けて「お茶のカテキンには凄いパワーがある」ことが少しずつわかってきました(今のようにカテキンという言葉さえ誰も知らなかった時代です)。

しかし、大変な現実を知りました。というのもカテキンは渋みの成分カテキン含有量の多いお茶ほど飲みにくいという現実。そして、日本のお茶は品種改良を繰り返して、渋みの少ない嗜好性を追及した結果、カテキンが少なく、奈良時代に薬として日本に最初にお茶が入ってきた頃のお茶とは、ぜんぜん違うお茶となっているという事実です。

でも、より健康にいいお茶って、カテキンが多いお茶なんじゃないの?

こう考えて、伸ちゃんはカテキン含有量の多いお茶を求めて、お茶が日本に伝わってきたルートをさかのぼることにしました。

この思いを胸に、大学でお茶の研究をしている先生といっしょに、世界中を旅しました。

写真:インドネシアへ行ったときの一枚。

まずはじめに訪れたのは、インドネシア。バンドンという街の近くでよい茶葉を見つけたのですが、当時、スハルト政権末期のインドネシアは政情が安定せず、安定して茶葉を仕入れにくいのでは…と、取引を断念。

次に訪れたのは、ベトナム。1975年に戦争は終わったものの、その爪あとが生々しく、道路が爆撃であちこちくぼんだままでした・・・。そんな道をとおりながら、どんどん奥地へ。ここにも、良い茶葉はあったのですが、当時のベトナムには契約して取引をする商習慣がなく、現地の商売は、お金を直接現地に持っていったら、その分その場で茶葉を渡すという物々交換に近い状態でした。なんとか、ならないかと悪戦苦闘してみたものの、最終的に、たくさんお茶を仕入れることは難しいと、取引をあきらめました。

どうしよう・・・。理想のお茶なんて、もう見つからないかもしれない・・・。

そんな思いが、当時の伸ちゃんの頭の中をなんどもよぎりました。でも、「あきらめたら終りだ!」と手当たり次第にツテをたどり、ひょんなことから、オウさんと出会ったのがダイエットプーアール茶を生み出すきっかけになったのです!!

「ダイエットプーアール茶ものがたり」トップへ戻る
  • WEBサイト限定SHOP
  • ティーライフメルマガお買得情報 お届けします
  • ティーライフについてレビューをぜひぜひお寄せください!

ページトップへ▲