たんぽぽコーヒーぽぽたん ご愛飲者インタビュー 母乳育児が終わった今も飲んでいます!!

ご愛飲2年 持田八重さま(33歳)篤之介くん(4歳)倫之介くん(2歳)

ぽぽたんとの出会いは?

二人目を出産してから本格的に「ぽぽたん」を飲み始めました。上の子の時に、母乳育児ができなくて、次の子は母乳で育てたいなぁと思い母乳育児のホームページを見ていたら「ぽぽたん」が紹介されていて、それで知りました。もともと、市販されているたんぽぽコーヒーを飲んでいたのですが、土臭かったり、味が薄かったりしてあまりおいしくなかったんですよね…。でもティーライフのはおいしいし、中国産の原料だけど安心という風に紹介されていたので、注文してみよう!と思いました。実際に飲んでみてティーライフの「ぽぽたん」は市販されているものと全然違って飲みやすかったです。

ぽぽたんはどうやって飲む?

豆乳を入れて飲む事もありますが、私は夏でも冬でも温かいものをストレートで飲むのが一番好きです。1日にカップ3杯~4杯程、朝ごはんの時、おやつの時、子供が寝た後に飲みます。コーヒーは好きでしたが「ぽぽたん」を飲むようになってコーヒーだと少し強く感じるようになって、お菓子との相性も良いので母乳育児は終わりましたが、今でもコーヒー代わりに「ぽぽたん」を飲んでいます。うちの子供たちは、水筒に「たんぽぽ茶ブレンド」を入れて飲んでいるんですよ。

母乳育児ができて良かったことは?

やっぱり母乳育児だと、スキンシップがとれますし、赤ちゃんもアレルギーや太りすぎがなくてすごく良かったです。夜中に泣いた時もすぐにサッとあげれますしね。一人目の時は夜中におきて、ミルクの準備をしたり、大変な思いをしました。あと、母乳育児だと痩せて良いですよ~。妊娠前より3kg位程痩せました。2歳くらいまで母乳をあげていたのですが、やめる時は私の方が寂しかったです。

嬉しいお便りゾクゾク!

ぽぽたん3つのこだわり

1 たんぽぽ根100%

古くから健康のために利用されているたんぽぽ根でつくった「ノンカフェインたんぽぽコーヒーぽぽたん」。産地は、中国吉林省に限定。
冬にはマイナス40度まで下がる過酷な環境で、たくましく育ったたんぽぽ根だけを使っています。

2 安心・安全を確認!

2007年9月以降、中国の検疫局では輸出製品の全品検査が義務化。
合格しないものは国外へ持ち出しできなくなっています。輸入後はさらに、日本国内でも定期的に残留農薬検査を実施。安心・安全が確認されている原料だけを使用しています。

3 味の決め手は焙煎!

国内のティーライフ指定工場で製造加工されるたんぽぽ根。特にそのおいしさの決め手となる焙煎加工は、熟練した製造者が担当しています。
原料の色度を観察しながら温度、時間を加減。常に一定のおいしさを保つ努力を続けています。

超ロングヒット!香ばしいコーヒー風味 ノンカフェインたんぽぽコーヒーぽぽたんはコチラ

ページトップへ▲