たんぽぽコーヒーぽぽたん ご愛飲者インタビュー 母乳をあげて、見つめあえる時間が幸せです!!

ご愛飲1年 梅山 みどりさま(27歳)茉莉花ちゃん(4ヶ月)

ぽぽたんを飲もうと思ったきっかけは?

妊娠がわかり、母乳育児に興味をもつようになった時、職場の人から「たんぽぽコーヒーはおっぱいに良いんだよぉ~。」と教えてもらい「そういえばティーライフで売っていたなぁ」と思ったのがきっかけです。妊娠がわかってすぐ3ヶ月くらいの時から飲み始めました。仕事に行く時はタンブラーに入れて飲んでいました。最初は「ぽぽたん」を飲んでいましたが、「たんぽぽ茶ブレンド」もある事を知って、交互に日替わりで飲んでいました。「ぽぽたん」は香ばしくてコーヒーが苦手な方でも飲みやすい味だと思います。少し薄めに作るとより飲みやすくなるので、それをたっぷりゴクゴク飲むのが私流です。今でも毎日飲んでいます!

母乳育児をしたいと思った理由は?

母乳だけで育児をしていた妹を見ていて私も母乳で育てたいなぁと思いまし
た。本を読んでいると、親子の絆づくりに母乳育児が良いっていうのを見たり、経済的にもミルクを買うより安いので、そういうのも母乳育児がしたいと思った理由です。妊娠中は母乳マッサージをしたり、「ぽぽたん」を飲んだり、できる事はがんばりました!

妊娠中に気をつけていた事はありますか?

カフェインは極力控えるようにしていましたが、1日に1~2杯くらいなら良
いって聞いて、息抜きにコーヒーや紅茶を飲んでいました。あと、添加物を気にしていました。食事はなるべく手作りするようにしたり、農薬が入っていないかを確認をするようにしました。体重管理にも、毎日食べたものを記録して塩分やカロリーの摂りすぎにならないようにがんばりました。運動もした方が良いと思ったので、散歩もしましたよ。

出産~出産後・・・

妊娠8ヶ月くらいになった頃、怖くなってブルーになってしまった事もありました。でも、本を読んだりするうちに、赤ちゃんもすごくがんばって生まれてくる事を知ったらママもがんばらなきゃと思って、最後の方は楽しみも増えてきました。散歩をしたりしていたおかげか、とってもスピード出産で、出産直後にまた産みたいな~と思えるくらい良い出産でした。母乳は出産後3日から4日程で出るようになる人が多いらしいのですが、私はチョット遅くて心配しました。でも退院する頃には出すぎて困るほどでした。最初はこの子が飲む量と、私が母乳を作る量が合わなくて少し苦労しましたが、最近はこの子も飲むのが上手になって、息が合うようになってきました。

母乳育児ができて良かったと思う事

やっぱりスキンシップしてるなぁっていうのを実感できて、赤ちゃんと見つめ合える時間が持てる事が幸せだなぁと感じます。それとおっぱいを作るのにもカロリーを消費するので、産後1ヶ月半くらいで体重が元に戻りました。ママにとっても赤ちゃんにとってもこんなに良いものは無いと思うので、ママには是非母乳で育ててもらいたいと思います。

嬉しいお便りドシドシ!

母乳ママの強~い味方!

ヨーロッパで古くから飲まれているたんぽぽの根っこを丸ごとロースト。コーヒー風に仕上げました。朝鮮人参の産地として知られる中国吉林省で育ったたんぽぽは農薬知らず。無添加・ノンカフェインで安心です。香ばしい香りと味で、コーヒー好きさんからも大好評!妊娠中のプレママや母乳育児中のママを応援します。

3つのこだわり
1 たんぽぽ根100%

古くから健康のために利用されているたんぽぽ根でつくった「ノンカフェインたんぽぽコーヒーぽぽたん」。産地は、中国吉林省に限定。
冬にはマイナス40度まで下がる過酷な環境で、たくましく育ったたんぽぽ根だけを使っています。

2 安心・安全を確認!

2007年9月以降、中国の検疫局では輸出製品の全品検査が義務化。
合格しないものは国外へ持ち出しできなくなっています。輸入後はさらに、日本国内でも定期的に残留農薬検査を実施。安心・安全が確認されている原料だけを使用しています。

3 味の決め手は焙煎!

国内のティーライフ指定工場で製造加工されるたんぽぽ根。特にそのおいしさの決め手となる焙煎加工は、熟練した製造者が担当しています。
原料の色度を観察しながら温度、時間を加減。常に一定のおいしさを保つ努力を続けています。

超ロングヒット!香ばしいコーヒー風味 ノンカフェインたんぽぽコーヒーぽぽたんはコチラ

ページトップへ▲