ダイエットプーアール茶で成功!三日坊主のわたしもラク~に痩せちゃいました♪
ティーライフ入社1年でなんと-6kg
鳥居のダイエットヒストリー
結果が出ないダイエットはもう終わり!

中学生の頃からムッチムチで痩せたい願望がずっとあったので、今まで数え切れないくらい色々なダイエットを試しました。ミーハーなので、雑誌やテレビで「○○ダイエット」と話題になったものはとりあえずやってみるんですよ(笑)。でも、すぐに結果が出ないと続かなくて、いつの間にか止めてしまうことが多いんです…どのダイエットもうまくいきませんでした。三日坊主なので、普通のことすら続かないのに嫌なことをやっても続くはずがないんですよね。今回のダイエットは、好きなこと、簡単なことをやっただけで痩せられたんです!名づけて、「面倒くさがり屋な私でも成功したダイエット!」(笑)

痩せる勝ちパターンを見つけました!

やっぱり毎日体重を計ることと、ダイエットを意識することが大切。もちろん、ティーライフに入社してから「ダイエットプーアール茶」は毎日飲んでいます。わたしの場合は、とにかく簡単な方法が自分に合っているので、毎日体重を計ったらカレンダーに書くだけ。お菓子も大好きでよく食べますし、激しい運動も特に…。いつもダイエットを意識していますが、気をつけるのはちょっとしたことだけなんです。今までこんなに順調に痩せたことがなかったので、自分でも嬉しくって「聞いて聞いて~!」って自慢したくてしょうがないんです♪「痩せたね」って気づいてもらえたときは「そんなことないよ~」と言いながらも、心の中でガッツポーズ(笑)。痩せる勝ちパターンがわかったのが快感です♪

※個人の感想です。実感されない方もいらっしゃいます。
今日からすぐできる!社員鳥居の痩せるダイエット生活
(1)毎日ダイエットプーアール茶!(2)体重は毎日計ってカレンダーへ。
会社では、仕事中にいつもダイエットプーアール茶を飲んでいます。濃いめが大好きで、午前も午後もマグカップ2杯ずつくらい飲みます。最近のブームは、7割プーアール茶&3割メタボメ茶をブレンドすること!冬はホットで、夏はアイスでたっぷり飲みます。毎朝同じタイミングで体重を計って、カレンダーに記入しています。カレンダーに書くだけなら簡単なので続いています。「食べちゃった!」の言い訳も一緒に書いておけば、体重に影響しちゃったときの言い訳になるので、ストレスもありません。
(3)食事はガマンしない!でもすぐリセット!(4)良い姿勢キープ!で『ながら筋トレ』
会社の先輩たちとラーメンや焼肉にも行きます。食べるものは基本的にガマンしません。そのかわりに、翌日のお昼ごはんにサラダを加えたり、夜ごはんの量を減らしたりして工夫しています。特別な運動はしていませんが、姿勢はいつも気をつけています。普段から、姿勢がいい人を見かけるとハッと思って姿勢を正します。仕事中はほとんどデスクワークですが、椅子に座っても背もたれは使いません!たったそれだけで、体のコアの筋肉を使っているような気がします。
ストレス対策はズバリ「いいわけ」!

ダイエットって辛いとかストレスとかあると思うんですが、今回はありませんでした!外食をしたり食べ過ぎたりしたときに「○○を食べた」とカレンダーに書くだけで、体重が増えてもそのせいにできるし、他にも女性の周期によって体重も変化しますしね。なので、体重が停滞した時期はどうしてかな~?と思うくらいです。それに、体重を計るだけ、カレンダーに書くだけ、というダイエット方法の簡単さもストレスにならない理由だと思います。

ダイエットプーアール茶に出会えてよかった。

本当に、たまたま良い環境だったんですよ!入社してから、毎日仕事中にはダイエットプーアール茶。甘い飲み物の替わりに飲んでいたらいつの間にか痩せていたので、本当にラッキーでした!本格的にダイエットを始めたのは、同期のゆかりさんが社長の伸ちゃんと一緒に「茶~んと計るだけダイエット」を始めてからでした。ミーハー魂で「私もやってみよう」と思って軽い気持ちで始めたんですが、そのときに始めて本当に良かったと思います!

このまま続けて夏までに!

今年こそ水着が着たいので、このままがんばります!今までのベスト体重47kgもラク~にクリアして、今は43kgくらい。これまでずっと避けていた細身のパンツも、するっと履けるようになったので「やった!」って思いました!体重が順調に減ってきてからは、どんどん欲張りになってますね(笑)。体が軽くなると運動も楽しくなりましたし、良いことばかりです♪いろいろなダイエットをつまみ食いしていましたが、もうこれが最後のダイエットになりそうです。

鳥居も続けていた!!ダイエットプーアール茶おすすめの飲み方
毎日続けて飲もう!
食事の前後、運動の前に!
ティーバッグはこまめに取替え!
お好みの濃さで続けよう!

ページトップへ